HOME >  SSルーフ横段葺き成績表

SSルーフ横段葺き成績表

(財)建材試験センター

試験の内容及び試験体

着色亜鉛鉄板製屋根葺材「横葺き段付工法屋根(SSルーフ)」について、水密」「耐風圧強度」試験を行う。

試験体は実際の現場施工方法に準じて作成した着色亜鉛鉄板製横葺段付屋根である。

なお、漏水状況を観察するため野地板を切り抜き観察窓を設けた。

水密試験結果

a)屋根勾配2.5/10の場合

平均圧力差40kgf/㎡(相当風速25.3m/s)まで葺き材裏面及び野地板裏面に 漏水は認められなかった。


  • 屋根勾配 2.5/10
  • 圧力持続時間 10(min)
  • 降雨量 4(リットル/min・㎡)
項目 漏水状況
観察箇所 葺材裏面 野地板裏面
平均圧力差 5kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
15kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
25kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
40kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし

水密試験結果

a)屋根勾配2/10の場合

平均圧力差100kgf/㎡(相当風速40m/s)まで葺き材裏面及び野地板裏面に 漏水は認められなかった。


  • 屋根勾配 2/10
  • 圧力持続時間 10(min)
  • 降雨量 4(リットル/min・㎡)
項目 漏水状況
観察箇所 葺材裏面 野地板裏面
平均圧力差 5kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
15kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
25kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし
40kgf/㎡ 漏水なし 漏水なし

耐風圧強度試験結果

荷重(正圧)300kgf/㎡(相当風速69.3m/s)まで試験体に異状は認められなかった。 荷重(負圧)350kgf/㎡(相当風速74.8m/s)前後からたる木及び野地板を止めてある釘が 抜け始め、荷重(負圧)470kgf/㎡(相当風速86.7m/s)において完全に釘が抜けた。 特に横段葺(SSルーフ)に付いては、異状は認められなかった。


試験担当者 物理試験課長 勝野奉幸
試験実施者 内田晴久
在原将之
試験場所 中央試験所
試験期間 昭和60年7月17日~18日