HOME >  社寺建築施行例

社寺建築施行例

神社仏閣の屋根は、一般的に銅板葺きと瓦葺の二つに分かれます。
弊社では銅板工事を行っています。
銅板葺きにも色々な葺き方がありますが、主に一文字葺き(平葺き)と瓦棒葺きが多く施工されています。
銅板の利点は第一番に「軽い」。すなわち地震に強いということです。
瓦葺(本瓦棒葺き)坪当たり約700kg (引掛桟瓦葺き)坪当たり約150kgに対し、 銅板葺きは(t=0.35)は坪当たり14.5kgです。その差は歴然です。
又、銅板は優れた耐久性を持っています。
昨今、酸性雨等で銅板のイメージが下がっておりますが、 実際には、雨樋や瓦の本谷のように、 瓦を通じて落ちた雨が悪影響を及ぼしているだけで、 銅板屋根だけであれば何ら影響はありません。
銅板にも欠点があります。熱伸縮が大きい事です。
平葺きであれば屋根が波のようにめくれてきたり、 伸縮でハゼ(継ぎ手部分)が切れて雨漏りの原因になります。
そこで経験と高度な技術が必要になるわけです。
私たちは50年、100年と建物がもつようにと、努めております。


屋根銅板平葺き

一般建築施行例

旧官幣大社南洋神社遥拝殿

軒付8段張り、1枚1枚R加工、貴賓ある仕上がりです。



屋根銅板平葺き

屋根銅板平葺き

光明院様山門

屋根銅板平葺き

妻側が唐破風造りで高度な技術と経験が必要です。



屋根銅板平葺き

屋根銅板平葺き

大吉香取神社

屋根銅板平葺き



屋根銅板平葺き

屋根銅板平葺き

越谷市寺院

屋根銅板平葺き



屋根銅板平葺き

屋根銅板平葺き

東光寺様鐘桜堂

屋根銅板平葺き

草加三覚院様本堂

蓑甲(R部)は、施工技術はもちろんのこと、 曲線の出し方に経験が必要です。
下り棟は通常の平葺きではなく、箱状にR加工。
重量感のある仕上がりです。



屋根銅板平葺き

銅板平葺

八潮市八條八幡神社

銅板平葺

平成26年に改修以前は向拝部の勾配がゆるく、浸水があった為、改修によって勾配をつけると同時に、みの甲が深くなり、 建物に重みが増しました。